IoTの名付け親

Kevin Ashton イギリス生まれ、Wikipediaからの引用です。

He is known for coining the term “the Internet of Things” to describe a system where the Internet is connected to the physical world via ubiquitous sensors.

The Internet of things (IoT) is a system of interrelated computing devices, mechanical and digital machines provided with unique identifiers (UIDs) and the ability to transfer data over a network without requiring human-to-human or human-to-computer interaction.

彼は、「モノのインターネット」という造語を作り、インターネットがユビキタスセンサーを介して現実の世界に接続されているシステムを表すことで知られています。

モノのインターネット(IoT)は、相互に関連するコンピューティングデバイス、機械およびデジタルマシンのシステムであり、一意の識別子(UID)が提供され、人と人または人とコンピューターの相互作用を必要とせずにネットワークを介してデータを転送する機能があります。


他、M2M(Machine to Machine)、IoE(Internet of Everything)等、似た様な言葉が多く馴染まない内に時代の変化と共に言葉も変化している印象です。次はどんな言葉が出現するんでしょうか。